物流環境大賞

日本物流団体連合会では、平成12年6月、物流部門における環境保全の推進や環境意識の高揚等を図り、物流の健全な発展に貢献された団体・企業または個人を表彰する「物流環境大賞」を創設いたしました。
これは、近年、物流分野においても環境との調和がますます重要となっているという現状から、物流部門において、優れた環境保全活動や環境啓蒙活動、あるいは先駆的な技術開発などを行なうことにより、環境負荷軽減の面から物流業の発展に貢献された方々を表彰する制度です。

第4回(平成15年度)表彰受賞者の概要

物流環境大賞
物流環境保全活動賞
受賞者 株式会社商船三井殿
功績事項 環境マネージメントシステムをベースにした環境保全対策の推進

企業理念として環境保全活動を重視し、その理念と方針を「環境憲章」として制定すると共に、その憲章の内容を具現化するため独自の環境マネージメントシステムである「MOL EMS21」を構築し、環境保全活動の推進を図った。
 特に、タンカーのダブルハル化、環境ホルモンの影響の少ないスズフリーペイント塗装の促進、オゾン層保護のための非フロン冷媒使用の冷凍コンテナの採用など海洋汚染防止、大気汚染防止の面で多大な成果を挙げた。


受賞者 日本郵船株式会社殿
功績事項 海運業界初の全運航船舶管理システムの構築

先進海運企業として環境問題に熱心に取り組み、海運業界で最初に全運航船舶を対象とした環境保護及び安全運航に関する指示伝達システムである「NAV9000」を構築し、多大な改善実績を挙げた。
 また、運航燃費節減のため、環境データ算出システムの開発や船底防汚塗装の採用など多岐にわたる活動を実施し、大きな成果を挙げた。

物流環境啓蒙賞
物流環境負荷軽減技術開発賞
物流環境特別賞
受賞者 佐川急便株式会社殿
功績事項 全社的な環境活動の推進

気候変動枠組条約第三回締約国会議が開かれた京都市に本社を置く企業として、環境対策に熱心に取り組み、京都議定書の削減目標を達成するため、一民間企業としてできるだけの努力をするという方針の下に、天然ガス自動車の大量導入、自家用CNGスタンドの設置推進、長距離幹線輸送におけるモーダルシフトの推進、専用キーチェーン装着によるアイドリングストップの徹底、家電四製品の静脈物流の展開など、数々の施策を積極的に推進し大きな成果を挙げた。


受賞者 札幌通運株式会社殿
功績事項 地域での環境対策の先駆的取り組み

環境に対する取り組みを運送業界の社会的使命であるととらえ、北海道地域における総合物流企業として他の模範となるよう熱心に環境対策の推進に取り組み、同地域で最初に全自社車両にデジタルタコグラフを装備し、ドライバーの環境意識の高揚を図ると共に運行燃費効率の大幅な向上を実現した。
 また、主力部門である本州−北海道間の貨物輸送に積極的に鉄道利用を図る一方、他に先がけ天然ガス車両である「CNG車」の導入を図るなど、意欲的に環境対策を推進し大きな成果を挙げた。

日本物流記者会賞

お問合せ先

一般社団法人 日本物流団体連合会 物流環境大賞事務
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関3-3-3 全日通霞ヶ関ビル5階
電話:(03)3593-0139 / FAX:(03)3593-0138
メールでのお問い合わせはこちら

過去の受賞者概要

第17回(平成28年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第16回(平成27年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第15回(平成26年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第14回(平成25年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第13回(平成24年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第12回(平成23年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第11回(平成22年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第10回(平成21年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第9回(平成20年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第8回(平成19年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第7回(平成18年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第6回(平成17年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第5回(平成16年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第4回(平成15年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第3回(平成14年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第2回(平成13年度)「物流環境大賞」受賞者の概要
第1回(平成12年度)「物流環境大賞」受賞者の概要